ホーム > 校章・校歌

校章

 浪の華を土台におき松葉を図案化し中央に工の字を表示している。

 意義については次のとおり。

  1. 環境的
     学校の位置が海岸の松林にあった。
  2. 教育的
     浪は洋々たる海原の包容性を現し、ひとたび怒涛ともなれば何物をも打ちくだく青年の気概を示す。また松は常盤の気節を象徴する。中央の「工」の字は工業立国の堅持を表示している。

 

校歌

北方に瞠く

中村 正爾 作詞 
小林三千三 作曲 


  •  北方に 瞠く      
     海港 新潟       
     越の舟江の誉れを永遠に 
       かがやかし     
     理想は光る七つ星    
     工学ここに望みあり   
     讃へむ われら 学園の
      自由の精神      
          つよく瞭らに 

  •  雲と明るき       
     雪の砂丘        
     鳴るよ潮鳴り 松原こめて
       さえざえし     
     とよもしひびく 機械音 
     工学ここに誇りあり   
      築かむ われら 建設の
      自立の精神      
          たかく朗らに 

  •  技の工の
     いよよ遙けく
     若きいのちを 道ひとすじに
       いさぎよし
     高鳴る 血汐この腕
     工学ここに 栄えあり
      保たむ われら研鑽の
      自学の精神
          つねに浄らに

学校紹介

TOP